家計の収支管理方法

そんなに使っているつもりはないけど、なぜかお金が貯まらないっていう方ってかなり多いと思います。

実際僕も3年前まではそうでした。収入はほとんど変わっていませんが、収支の管理方法を変えただけで、生活にも心にもゆとりが出てきました。

なので、今回は赤字家計を改善した僕の方法を公開したいと思います! ※この投稿では赤字家計の方にフォーカスしていますが、赤字ではないけど貯金が出来ない!って方にも参考になると思います。

家計簿

手順は大まかに下記の方法です。

  1. 収支の把握
  2. 計画・目標設定
  3. 支出の管理

それでは、1つずつ説明していきたいと思います。

ステップ1.収支の把握

ここが一番大切です! 特に支出を把握することが赤字家計から脱却するファーストステップです。

実際に僕も3年前は、諸事情により(賃貸・分譲を含め)3部屋を同時に使用していて、固定出費で給料のほとんどがなくなっていたのですが、「なぜこんなにすぐお金がなくなるのか?」って思っていましたw

今から思えば当たり前すぎることなのですが、赤字家計の中にいる当事者は現状を把握出来ていないからこそ赤字家計なんだと思います。

僕が実際にやっている収支の把握方法は、『携帯のメモを使用』です!

多くの方は、家計簿を買ったり、アプリをダウンロードしたりしてやっていると思いますが、僕は『メモ』を使用して管理しました。 家計簿やアプリでもいいのですが、無料で使えるメモで充分です。下記の写真はメモでの管理をスタートした時の一部です。

例)3年前の11月の出費

まずは、ざっくり大まかな数字で固定出費を書き出していきます。 注意点は、「細かくなりすぎない」ってことですね。僕の場合はほとんどが1000円単位で切り上げして計算していました。(振込手数料など予期せぬ出費もある為)

カードの支払いなど細かく分けるともっと分類出来ますが、ここで大切なのは「まずは書き出すこと」です! 細かく分類するのが目的ではなく、自分が何にどれだけ支払っているかを把握することが目的なので、サクッとやってしまいましょう!

口座振替の場合で、何の引き落としかわからないって事も稀にあると思います。(僕の場合はありました💦)その場合は、現段階では調べずに用途不明出費としてまとめておきましょう。(調べるのに時間がかかるとおもうので、あとでやる気があるときに調べましょう。)

固定出費は、毎月(もしくは隔月など)出ていく出費なのでここから計算して、

収入 ー 固定出費 = 変動出費 + 貯金(資産運用)

という風に考えると管理がしやすいです。

言葉で表現すると、収入から固定出費を引いた分が変動出費(食費や日用品・衣服などの雑費)として使用できる金額になります。※今回は貯金の部分は省きます。

上記のメモを参考に考えると、 固定出費が12万なので、収入が20万だとすると、変動出費で8万使えることになります。なので、食費などの出費を8万以内に収めれると赤字家計から脱却できるということです!

簡単ですが、ここまでがステップ1の「収支の把握」です。最初の一歩が一番大切です。ここまで読み終われば、実際に書き出してみてください!

次の「ステップ2.計画・目標設定」はこちら。

“家計の収支管理方法” への1件の返信

  1. ピンバック: 家計の収支管理方法2 | sen59ブログ

コメントする